R0028423_(2)_convert_20170607095701.jpg

R0028419_(2)_convert_20170607095643.jpg

何年たっても
何回やっても
勉強しない

水や紙に
耳を傾けきれてないのやろう
雨を待てばよかった


i



R0027745_convert_20170510214520.jpg

ink on paper




R0026507_convert_20170329130408.jpg

押し入れから
小学5年か6年の頃描いた
模写24cm×19cmを引っ張り出し眺めている
模写といっても原画と違い
テンペラの技法で明部を白で起こしている
(習っていた先生がこの技法で描いてたため)

20年ほど前に見た時は
荒く単調な線が恥ずかしく
捨てよかどうしよか迷ったものが
久しぶりに見ると
これはこれで面白いのでは

そして今も大して変わらず
似たような感覚で
画面と関わっているような気がする

R0026542_convert_20170329130440.jpg

老人の頭部
ペルレグリーノ・ダ・サン・ダニエーレ
16世紀初




R0026084_(3)_convert_20170318094434.jpg

器に絵が描かれている時
器を窓のように感じる時がある
まるい皿に絵付けされたものは特に
円形はレンズのよう
のぞき見る感覚になるので

手にとって楽しむものが
窓のように感じられるのは面白い
硬質な表面の向こう側
ひとつひとつの器の中に世界がある
窓としての器

ひょんなご依頼から描いた風景画が
大倉陶園の器に絵付けされました

R0021806_(2)_convert_20170107161747.jpg




初めて本堂のお花を生けさせてもらった
花はこの二種のみが用意されていて
あまり考えず 絵と同じよう後ろの方から決めていく
水切りしながら茎をくるくる
花がええ感じに見えてくる角度がある

終えた直後はわりとすいすいできたと思ったものが
ご本尊の前に飾り お勤めの位置から正座し仰ぎ見ると
ぁぁすこし立体感が乏しいなぁ

仏像は下から見られること計算し造られているときく
お花もその意識が大事なのやろうか
次回はもう少ししゃがみ 仰ぎみながら生けてみよか

うちでは真冬でも 冷たいこの縁側で
他のお寺さんでも様々
こうやって生けておられるのやなぁと改めて

そうして本堂を出る一礼のとき不思議な感覚が
いつもは どろどろした自分に
ご本尊の厳しい目を感じているけれど
この時は月並みな言葉やけれど ありがたいなぁ。。。
その気持ちがいつもより増していて
それは荘厳 -しょうごん-(お飾り)の中でも
こちらの手の関わりが多い大切な部分に
参加させてもらったことから来るのかも知れない

これから手を合わす時
そうでないところでも
花の味わい方が変わりそう