R0029981_convert_20170911090210.jpg

R0029973_convert_20170911085159.jpg

アオウミガメの甲骨標本(甲長48cm)を出品します

「標本作品展」
和歌山県立自然博物館にて
9月16日(土)~10月1日(日)(19日・25日休館)
開館時間  午前9時30分~午後5時*入館は閉館30分前まで

春 すこし南の浜で遺骸を採集
頭部欠損し 表皮剥がれた甲骨に
いくつか傷が残っていたことから
どこか遠くの海で他の動物に襲われ亡くなり
そのままながく波に揺られ 浜に漂着したものと推測
この亀はどこで生まれ どこを回遊してたのやろう


和歌山県文化表彰受賞記念展に出品します
8月25日(金)~9月3日(日)9時30分~17時
和歌山県民文化会館 大展示室にて





R0026084_(3)_convert_20170318094434.jpg

器に絵が描かれている時
器を窓のように感じる時がある
まるい皿に絵付けされたものは特に
円形はレンズのよう
のぞき見る感覚になるので

手にとって楽しむものが
窓のように感じられるのは面白い
硬質な表面の向こう側
ひとつひとつの器の中に世界がある
窓としての器

ひょんなご依頼から描いた風景画が
大倉陶園の器に絵付けされました

R0021806_(2)_convert_20170107161747.jpg


5

19日のテレビ和歌山「5チャンDo!」18:00~に出演します


28年度 和歌山県文化表彰 文化奨励賞を頂きました
和歌山県ホームページ
受賞コメントを転載します
......................................................................

 ここ紀州の海岸の町に住み、浜や磯を散歩していますと、様々な魅力的な形や風景
がこちらを楽しませてくれます。
 東京在住の頃から鉛筆で絵を描くことを主とし、拠点を地元和歌山に移してから、
自ずと画面に海岸のような形が立ち現れてきました。幼い頃から親しむ風景が、そこ
に投影されているのかも知れません。
 和歌山の風景はいつも想像力をかき立ててくれるものです。今回の賞を頂いた喜び
を忘れず、今後の制作活動の励みにいたします。ありがとうございました。