朝日新聞 和歌山版に記事掲載
「世界と世界の襞を描く」

「僧侶は此岸と彼岸の仲立ちが務め。
世界と世界がぶつかる境界で生じる「襞」を描いてるのかも。
僧侶であることで、自ずからつながる部分はあるのかもしれない。」
記事(取材時にお話したこと)より